top of page

間知ブロックの物件で費用が高くなりそうな物件

不(負)動産管理センターの榊原です。今回は以前弊社が有償引取をした物件のご紹介です。既に手直しをして新しい所有者様に引き取られています。

間知ブロックがずれてしまっている物件です。


水抜き穴が適正ではなく、土圧がかかり間知ブロックがずれてしまっています。こちらの物件は建物をリフォームして、シェアハウスに改装して入居者を入れて再販売を企画しました。室内を直す費用と間知ブロックをどのようにするかを悩みます。


間知ブロックの隙間からも雑草が生えています。また、この写真からも分かるように、間知ブロックが大きくずれ込んでます。

この間知ブロックの隙間からカメラを入れてみると、2段積ではなく、下段分が大幅に劣化していたのを補修で間知ブロックを重ねていることがわかりました。

念のため、機械を入れて大きく穴を掘り、浸透桝を設置しました。

しっかりと全部補修して、次の所有者に引き継ぎました。

ただ、物件を引き取って何もしないということはなく、ご近所の方に迷惑がかからないようにしっかり対応します。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page