top of page

2023年4月27日から相続土地国庫帰属制度はじまります。

不要な不動産でお困りの方に朗報です。

相続土地国庫帰属制度が2023年4月27日から始まります。一定の要件に当てはまれば、不要な土地を手放すことが可能です。

国庫帰属の条件
  • 建物がある土地

  • 担保等が設定されている土地

  • 道路や通路みたいに第三者も使用する土地

  • 土壌汚染等改良に多額の費用がかかる土地

  • 崖地などの土地

  • 境界がはっきりしない、境界紛争がある土地(筆界ではなく所有権界のも)

簡単に書くと上記の土地は国が引き受けをしません。

マンションは基本的に国庫帰属はできません。

国庫帰属にはその他厳しい要件も多数あります。また、不(負)動産管理センターでは有償にはなりますが、引き受けをしています。

引受の見積もりは無料です。また、ご相談も公式ライン・メール・電話とご相談いただけます。

新制度ですので運用解釈などが変わる可能性があります。不(負)動産管理センターでも情報を収集して皆様にお知らせしていきます。




閲覧数:3回0件のコメント
bottom of page